4月 19, 2018 更新

「成行注文」と「指値または逆指値注文」は、どちらを選べばよいのですか?

Posted by YADIX

    「成行注文」は、最新の為替レートで注文する方法で、現在のチャートを参考に見ながら注文を実施する場合は、成行注文を選択してください。

    それに対して、MT4で選択可能なもう一方の「指値または逆指値注文」は、注文または決済を行う為替レートを事前に指定して、自動的に注文をする方法です。

    特に、買い注文および売り注文に対して、現在の為替レートより好条件になった際に注文が実行される指値注文と、その反対の注文を実行する逆指値注文では、同じ為替レートを設定しても意味合いが異なりますので、下記の表を参考にして、十分ご注意ください。

    成行注文、指値注文、逆指値注文の違い

    注文種別 取引価格 買い注文を
    したい場合
    売り注文を
    したい場合
    成行注文
    (なりゆきちゅうもん)
    最新の為替レート
    指値注文
    (さしねちゅうもん)
    指定の為替レート 最新為替レートより
    低い価格を設定
    最新為替レートより
    高い価格を設定
    逆指値注文
    (ぎゃくさしねちゅうもん)
    指定の為替レート 最新為替レートより
    高い価格を設定
    最新為替レートより
    低い格を設定

    Yadix 公式サイト

    Yadix-FAQ-Order-Position-Open-Market-Execution

    「成行注文」時の設定内容

    通貨ペア 注文したい通貨ペアを選択
    数量 注文したい数量を選択
    決済逆指値(S/L) 損切したい為替レートを設定
    (S/L:Stop Loss(ストップ・ロス))
    決済指値(T/P) 利確したい為替レートを設定
    (T/P:Take Profit(テイク・プロフィット))
    コメント 任意でメモを記載
    注文種別 「成行注文」を選択
    成行売り 売り注文を実行
    成行買い 買い注文を実行

    Yadix-FAQ-Order-Position-Open-Market-Execution-Sell-Buy-Limit-Stop

    「指値または逆指値注文」時の設定内容

    通貨ペア 注文したい通貨ペアを選択
    数量 注文したい数量を選択
    決済逆指値(S/L) 損切したい為替レートを設定
    (S/L:Stop Loss(ストップ・ロス))
    決済指値(T/P) 利確したい為替レートを設定
    (T/P:Take Profit(テイク・プロフィット))
    コメント 任意でメモを記載
    注文種別 「指値または逆指値注文」を選択
    注文種別 いずれかを選択

    • Buy Limit(バイ・リミット):指値 買い注文
    • Sell Limit(セル・リミット):指値 売り注文
    • Buy Stop(バイ・ストップ):逆指値 買い注文
    • Sell Stop(セル・ストップ):逆指値 売り注文
    価格 注文種別に適した価格を設定
    有効期限 (逆)指値注文の有効期限を設定
    発注 (逆)指値注文を発注を実行

    注文種別の右横に表示される「USDJPY.q 0.01」は、(逆)指値注文で指定する為替レートと、最新の為替レートとの差が0.01以上必要ということを意味します。

    また、仮に有効期限内に、(逆)指値注文で設定した為替レート、注文条件にならなかった場合、注文は自動的に取り消されます。

    デモ口座開設